-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-02-22 23:16

犬と、いのち

20100222231214.jpg



ハッピーラブズの“nina”さんのブログ(ninaemaのぽてぽてな毎日)から、この本を知りました。

ninaさんは著者の渡辺眞子さんと同行されたそうです。。。

この本の内容は・・・「犬猫回収車」です。

知らない方も多いのではないかと思います。

私も悪徳ブリーダーの存在やペットの裏側を調べてから知ったことでした。。。

飼えなくなった犬・猫を、各自治体が地域を周り飼い主から犬や猫を引き取りセンターに運びます。

そしてほとんどの子は処分されます。

決められた日時、時間にトラックは来ます。そう、、、ゴミの回収と同じです。

命がゴミ扱いです。痛みも感情たくさんもってる大切な愛しい命・・・

少し知ってはいたものの、改めて読むと人間の勝手・非情さ、未だにこんな事がたくさんの地域で堂々と行われている

のかと愕然としました。。。これを行っているのは行政です。。。

ただでさえ保健所の持ち込む飼い主が多いのに、回収車の存在があることで、ペットの命の軽視、罪悪感のなさ、

捨てることを繰り返す人間。。。

簡単な手続きだけで終わらせ、こんな車を走らせている行政。

規制が甘すぎるし、第一行政がこんな事しててどうするーーー!!


5歳の娘が何気なく本をとり「かわいい~よんで~」と言ってきたので写真を見せながらお話しました。

少し酷かとも思いましたが、大粒の涙をポロポロ流し「なんで捨てるの?ワンちゃん、猫ちゃんはゴミじゃない!!
助けたい・・・助けたい・・・」と何度も言っていました。

そして、その場所に行き犬・猫を連れてきた人たちに「なんで捨てるの?ケガしたって病気になったっておうちに連れて帰ってかわいがってください!!いらなくなったなんて言わないでください!!みんなずっと一緒にいてあげてください!!お願いします!!」って言いに行きたいと。。。

幼い子供に、「なんで捨てるの?」と言われたら大人たちはなんて答えるのでしょうか??

命を大切に、思いやりの気持ちを持とう。って教えないといけないのは大人なはずなのに・・・

少しは意識が変わるでしょうか?それとも何とも思わないでしょうか?



20100222231218.jpg


この写真はninaさんが撮ったものだそうです。同行した時飼い主が連れて来たそうです。

この子はもうこの世にはいないでしょう・・・命をかけて訴えたのかな・・・と。。。

ぜひ読んでみてください。。。

そして、伝えてください。。。

こんな事が行われていることを。。。



























スポンサーサイト

コメント

2010-02-23 22:35

切ないね…

さすがりなさんの子だ!!
そんなちっちゃい子供でも分かる事なのに、なんでいい大人が分かんないんだろねe-262
でもホントに素敵な活動してると思うよe-287
いろんな活動を通じて、少しでも命が繋がる事を、心から祈っています。
私も職場等、いろんな所でワンコ達についてのコメントをするようにしています。
なんの力にもなれないかもしれないけど…。
これからも頑張って下さいねe-2
あと今度ルーチェとも遊ばせてね~e-320
  • URL
  • け~えす #-
  • Edit

2010-02-23 23:22

ぴ~えす

2月20日の朝日新聞に殺処分の記事が出ていたので紹介します。
以下記事から抜粋です。
 徳島県と奈良市が、飼い主に捨てられた犬や猫を、火葬施設まで運ぶトラック内で殺処分している。犬や猫を集める施設での殺処分が住民に受け入れてもらえないために考えついた苦肉の策だという。

 徳島県神山町の山あいにある県動物愛護管理センターには、県内6カ所の保健所から捨て犬や捨て猫が集められる。犬や猫は鎮静器(ちんせいき)と呼ばれる金属製の箱(縦横1.2メートル、奥行き1.5メートル)に入れられ、8トントラックの荷台で運ばれる。運転席のボタンを押すと、鎮静器内に二酸化炭素が充満する仕組みだ。センターを出て約1時間後、県西部の火葬施設に着く頃、犬や猫は動かなくなっている。

 こうした処分を始めたのは、センターができた2003年。同県板野町にあった施設が手狭で老朽化したため、県が神山町に施設を建てる際、住民と「センターで動物を殺さない。焼却しない」という約束になったからだという。県は処分装置のメーカーと相談し、「走っているトラックの中なら処分場所を決めずにすむ」と移動式装置を取り入れることにした。この方法で年間5千~1万匹を処分している。

 センター設立当時の担当者は「各保健所の真ん中に位置し、広い土地が確保できたのは神山だけ。住民感情に配慮するために考え抜いた結論だった」と明かす。センター職員の獣医師は「処分なんてしたくない。できるなら収容した動物をすべて飼って、生かしてやりたい。でも、施設や金の問題で、そんなことはできないでしょう」と話す。

 奈良市の場合、02年に人口が30万人を超える中核市になり、野良犬や野良猫の管理を自前でしなければならなくなった。しばらくは従来通り奈良県に委託していたが、08年4月に県が同県宇陀市に動物愛護センターを新設した際、地元住民が施設受け入れの条件として「処分の数を最小限にして」と要望。県に委託できなくなった奈良市は徳島の例を参考に08年11月に移動式の処分装置1台(4500万円)を導入した。
全国の自治体の殺処分の実態を調べている動物愛護団体「地球生物会議ALIVE」(東京)の野上ふさ子代表は「誰もが見たくないものを押しつけあった結果だ」とし、捨てる飼い主の姿勢を問題にする。「個人の都合で飼い始めたのだから、飼えなくなったら新たな飼い主を探すべきだし、最悪でも動物病院で自分の手の中で安楽死させる方法もある。自治体側も飼い主が引き取りを求めてきたら、最後まで責任を持つよう説得してほしい」と話す。

以上です。
飼い主さんは、わが子を出産・育児するのと同じ気持ちで接して欲しいものです。
そしたらたとえ自分の手の中でも安楽死は選ばないでしょう…。
こんなに手軽に殺処分出来てしまうシステムってどうなんでしょう…。
長々と偉そうに失礼致しましたe-466


  • URL
  • け~えす #-
  • Edit

2010-02-24 00:35

け~えすさん

新聞記事教えてくれてありがとう。しらない事でした。まだまだ知らない事だらけなんだろうな・・・
二酸化炭素って事はセンターと同じ窒息死なんだね。苦肉の策がこんな車なんだ・・・捨てる人間がいなければこんな車いらないのに(;_;)
これだけ殺処分されてるのに、ペットショップにはたくさんの仔犬、、、
毎日どれだけの犬・猫の取り引きがされてるのだろうか…?
繁殖ストップ!!の国命令が出ればいいのに・・・ け~えすさんのドックラン&カフェ計画いつか叶えて、愛護活動の輪をたくさん広めようね~ヾ(=^▽^=)ノ
  • URL
  • りな #-
  • Edit

2010-02-27 14:45

本の紹介ありがとうございます

本の紹介ありがとうございま~す。

色々と知れば知るほど・・・考えさせられるコトが沢山ある現実ですが、
りなさんの娘ちゃんの涙で語ったセリフが何よりも正しいですよねっ。

一番辛いのは、センター職員なんだと思うんです。
ガス室へ運び込みボタンを押し、死体を片づけ・・・
こんな辛いことを、たった数千円で人に頼むんですもんね・・・
持ち込んだ人間が自分でやれば良いのにっ!!とすら思ってしまいます。

あっ・・・長々とすみません。

是非今度、ゆっくりお話出来る機会を楽しみにしてま~す
  • URL
  • ninaema #H1psu86Q
  • Edit

2010-02-28 19:46

ninaさん
本当!!命がどうやって失われるか見るべき!!尻拭いを人任せなんておかしい!!
でも悪徳ブリーダーなんて命って思ってないから、なんとも思わないんだろうけど・・・(`へ´)
センター職員の方つらいお仕事ですよね。。。
世田谷センターの職員さんは親切な方が多いんですね。
地域によって対応に雲泥の差があるみたいですよね。。。
まだ現実を見る事が出来ず、センターに行けない私・・・引き出しメンバーさんには本当に頭が下がります(;_;)

  • URL
  • りな #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MUNRINA

Author:MUNRINA
ワンダフルドックス保護犬のお預りをお手伝いをしています。絶対に幸せにしてやるっ!


えっちゃんお預かりから2010.9.13正式に家族になりました!!
私の愛しのダーリンです!!
えっちゃんは持病で癲癇と浸潤性脂肪腫、慢性膵炎、甲状腺機能低下症、先天性股関節形成不全・関節炎があります。
心配事が何かとたえないえっちゃんですが、情報の発信、共有ができたらと思います(*^_^*)
2015年7月16日天国へ旅立ちました。
姿は見えませんが、ずっとずっと愛しのマイダーリンです(*^^*)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。